任意整理を相談する場所

債務整理の相談は法律の知識がある方、つまり弁護士や司法書士に対して行います。法律相談所や法律事務所には、弁護士や司法書士が在籍し、債務整理の交渉等を行ってくれます。つまり、債務整理する場合に利用できる場所は、法律事務所、法律相談所など法律の専門家がいる場所ということになります。

債務整理を相談する弁護士、司法書士の違いですが、弁護士は債務整理について、またそのほかの家庭や仕事上におけるトラブルなどに法を用いてアドバイスでき、時にそれが裁判となった場合に依頼主と共に裁判に立ち向かってくれる法律の専門家です。

司法書士は書類の専門家と呼ばれる人ですが、1社について債務が140万円以下の場合に、任意整理についての交渉などができます。一般的に1社140万円を超える債務を持っている人は少なく、A社から30万円、B社から100万円、C社から20万円という具合に、まさしく多重債務となっている方がほとんどなので、司法書士でも対応できます。

自己破産や個人再生の際には、書類作成代理人となり、弁護士は本人の代理人となるため違いがあるように感じますが、司法書士も書類を作成し、最終的なサポートまでしっかり行うため、実際にはそれほど変わりありません。しかし、消費者金融側が全く応じないというときには、裁判に移行することが多いため、この場合は弁護士が対応することになるため、裁判になるかもしれないという状態なら、弁護士事務所を相談場所に選ぶ方がいいでしょう。

参考・・・http://www.adire.jp/

債務整理「自己破産」「個人再生」とは

任意整理の中でも自己破産は最終的にほかに何の解決方法もないというときに利用する手続きです。自己破産が認められれば借金が免除されます。どのような理由であれ、返済が不可能という状態であれば利用できる手続きで、自己破産申請を行った、申し立てを行った時点で、消費者金融等が督促など行うことができなくなります。

ただ保証人がいる場合、保証人がその債務を負うか、同じように自己破産してもらうしかありません。自己破産は債務整理の中でも最終的な手段です。自己破産の申請を行う前に、保証人が要る場合、弁護士などに相談し、ほかの債務整理の方法で解決できないかどうか、確認してみましょう。

自己破産した場合には、10年間個人信用情報に掲載され新たな借金、クレジットカードを作るなどができなくなります。資産価値のある財産については処分されるため、持ち家があれば処分されます。一部の職業、資格制限が一定の期間だけありますが、これはそれほど気にされることはないでしょう。

個人再生は住宅ローンがある状態でも自宅を手放すことなく債務整理できる方法です。債務額が大幅に減額され、自己破産の場合ギャンブルなどが理由の時手続きできないこともありますが、個人再生は可能です。督促が泊まることはもちろん、個人再生が決まりその後、減額された支払いを継続していけば、マイホームを手放すこともありません。

ただ自己破産同様、10年間は新たな債務などができず、すべての債務について手続きが必要となるので、保証人等が要る場合迷惑をかけることもあります。

債務整理「任意整理」とは

テレビでもネット上でも、法律事務所などが進めている債務整理、借金がある方は常にこの言葉が気になり、相談してみようか、どうしようかと迷われているのではないでしょうか。また借金を増やそうと思っているのなら、まず、債務整理とはどういうものなのかを理解して下さい。

債務整理は現在ある重い金利負担が課せられた借金の額を減額交渉し、支払える状態に持って行き、生活できる範囲で返済を進めていく手続きです。債務整理には任意整理、自己破産、個人再生という方法があります。このうち、任意整理で支払い過ぎていた過払い金を貸金業者に返還するよう求める行為が、過払い金返還請求といいます。

このうちの任意整理についてメリット、デメリットを理解しておきましょう。メリットは裁判所の介入なしに、弁護士や司法書士などの法律の専門家が貸金業者と借金減額の交渉ができるため、周囲に知られることなく整理できる有効的な方法です。

法律の専門家に相談し任意整理に着手し、消費者金融等督促を行っている業者に着任を知らせると、督促は一切できなくなります。これは法律によって定められているため、破った場合業者側が罰せられます。着任すると法律の専門家はその後、利息をカットさせ債務の減額交渉を行います。

任意整理は裁判所が介入しない整理となりますので、官報に掲載されることもありませんし、自己破産手続きの様に職業制限などもありません。しかし、5年間は個人信用情報機関に掲載されるため、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作るなどができなくなります。

債務整理が多くなった理由

テレビのコマーシャルでもよく聞くようになった債務整理という言葉ですが、借金がかさみ多重債務者が多くなったことで、債務整理が非常に多くなり世間一般でよく聞かれる言葉となっています。簡単に現金を借りることができるようになった日本において、消費者金融から気軽にお金を借りて、いつしか返済のために借金するようになると、多重債務者という状態に陥ります。

多重債務となると、毎月の返済のたびに、返済する費用をまた違う消費者金融から借り入れするという自転車操業的な状態になります。こうした多重債務者の数を減らす目的、貸し過ぎをストップさせるために制定された法律、また、グレーゾーン金利を利用する消費者金融業者をなくすために作られた法律が、総量規制です。

総量規制で最も変わったことは、「年収の1/3以上の借り入れはできない」とされたことです。今まではこうした法律がなかったため、貸金業者は支払が滞ることがない個人に対し、好きなようにお金を貸し付けていました。しかし結局それが支払えなくなると督促に次ぐ督促で、それを苦に命を絶ってしまう人も存在していました。

既に返済できない状態に陥っていることに気が付かせる法律ともいえます。総量規制が制定されてから、貸金業者は思い通りに金銭の貸し出しができなくなりました。またすでにその段階で年収の1/3以上の借金があった方は、消費者金融のローンカードに枠が残っていたとしても、年収の1/3以上の債務となっていれば、それ以上の借り入れができなくなり、返済ができなくなっていきました。

返済不能となれば督促が来ます。そのため、やっと重い腰をあげた多重債務者が、法律の専門家に助けを求め、債務整理を行う人が非常に多くなったのです。当サイトは債務整理の必要がある方が相談する場所、債務整理の内容を多くの方に知っていただくために作ったサイトです。借金に苦しまれている方のお力になれたら幸いです。