債務整理「自己破産」「個人再生」とは

任意整理の中でも自己破産は最終的にほかに何の解決方法もないというときに利用する手続きです。自己破産が認められれば借金が免除されます。どのような理由であれ、返済が不可能という状態であれば利用できる手続きで、自己破産申請を行った、申し立てを行った時点で、消費者金融等が督促など行うことができなくなります。

ただ保証人がいる場合、保証人がその債務を負うか、同じように自己破産してもらうしかありません。自己破産は債務整理の中でも最終的な手段です。自己破産の申請を行う前に、保証人が要る場合、弁護士などに相談し、ほかの債務整理の方法で解決できないかどうか、確認してみましょう。

自己破産した場合には、10年間個人信用情報に掲載され新たな借金、クレジットカードを作るなどができなくなります。資産価値のある財産については処分されるため、持ち家があれば処分されます。一部の職業、資格制限が一定の期間だけありますが、これはそれほど気にされることはないでしょう。

個人再生は住宅ローンがある状態でも自宅を手放すことなく債務整理できる方法です。債務額が大幅に減額され、自己破産の場合ギャンブルなどが理由の時手続きできないこともありますが、個人再生は可能です。督促が泊まることはもちろん、個人再生が決まりその後、減額された支払いを継続していけば、マイホームを手放すこともありません。

ただ自己破産同様、10年間は新たな債務などができず、すべての債務について手続きが必要となるので、保証人等が要る場合迷惑をかけることもあります。