任意整理を相談する場所

債務整理の相談は法律の知識がある方、つまり弁護士や司法書士に対して行います。法律相談所や法律事務所には、弁護士や司法書士が在籍し、債務整理の交渉等を行ってくれます。つまり、債務整理する場合に利用できる場所は、法律事務所、法律相談所など法律の専門家がいる場所ということになります。

債務整理を相談する弁護士、司法書士の違いですが、弁護士は債務整理について、またそのほかの家庭や仕事上におけるトラブルなどに法を用いてアドバイスでき、時にそれが裁判となった場合に依頼主と共に裁判に立ち向かってくれる法律の専門家です。

司法書士は書類の専門家と呼ばれる人ですが、1社について債務が140万円以下の場合に、任意整理についての交渉などができます。一般的に1社140万円を超える債務を持っている人は少なく、A社から30万円、B社から100万円、C社から20万円という具合に、まさしく多重債務となっている方がほとんどなので、司法書士でも対応できます。

自己破産や個人再生の際には、書類作成代理人となり、弁護士は本人の代理人となるため違いがあるように感じますが、司法書士も書類を作成し、最終的なサポートまでしっかり行うため、実際にはそれほど変わりありません。しかし、消費者金融側が全く応じないというときには、裁判に移行することが多いため、この場合は弁護士が対応することになるため、裁判になるかもしれないという状態なら、弁護士事務所を相談場所に選ぶ方がいいでしょう。

参考・・・http://www.adire.jp/